グルメ

腱鞘炎の原因を私だけに教えて!

腱鞘炎の原因が知りたいあなたへ

腱鞘炎とは、関節を動かす筋肉の力を指先などの先端に伝達するひも状の神経(腱)と、
腱の浮き上がりを押さえる腱鞘というトンネル状の部分に炎症が起った状態のことをいいます。

 

腱鞘炎の原因と症状

腱鞘炎の症状として一般的なものには狭窄性腱鞘炎があり、
代表的な病名には、ばね指(弾発指)デケルバン(ドケルバンともいう)氏病があります。

腱鞘炎は至るところに現れるため、
同じ手にいくつもの腱鞘炎を抱えてしまうケースもあります。

 

一般的な原因としては、
使いすぎによる腱と腱鞘の間の機械的な摩擦による炎症とされています。

また、関節にリューマチを持つ人は腱鞘炎になりやすく、
出産後や更年期などの女性ホルモンのバランスが崩れた場合にもなりやすいと言われています。

腱鞘炎は筋力よりも大きな負担が長時間かかることで引き起こされます。
そのため、以下の方は腱鞘炎になりやすいとされています。

・楽器を長時間演奏している
・赤ちゃんを抱くことの多い母親
・ウェートレスなど、重いものを手だけで運ぶ仕事をしている方
・介護の仕事をしている方

特に女性は筋肉が少なく、力も弱いため、腱鞘炎になりやすい傾向にあります。

 

また、冷え性などの血行の悪い人や運動不足、姿勢の悪さからも腱鞘炎は引き起こされます。
痛みを感じたら、手を止めて休養をし、
ストレッチや体操などをしてコリや血行の滞留を促すようにすると良いでしょう。

 

腱鞘炎の原因を改善したいあなたへ

腱鞘炎 原因

詳細はこちをクリック!

タグ

2011年9月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:原因・症状

このページの先頭へ