グルメ

腱鞘炎の症状を私だけに教えて!

 

腱鞘炎の症状を知りたいあなたへ

腱鞘炎の原因には、自分の持つ筋力以上の力を必要とする動作を繰り返し行ったため、
腱と腱鞘の間に摩擦が生じ炎症が引き起こされるものです。

女性の場合、出産後や更年期など、女性ホルモンのバランスが崩れるとなりやすいとも言われています。

 

腱鞘炎の症状

腱鞘炎の症状には、代表的なものとして2つあります。

ばね指(弾発指)

指先には、関節を動かす筋肉の力を先端に伝達するひも状の神経(腱)が、
腱鞘というトンネル状の部分を通っています。

指を曲げるとき、腱は手首の方向に引かれ、反対に伸ばすと爪の方向へと引かれます。
腱はこのとき、腱鞘の中を滑りそれぞれの方向へと伸縮しますが、
腱や腱鞘が炎症を起こしてしまうと、擦れて痛みが生じます。

腱は炎症を起こしているため、腫れを引き起こしています。
そのため、腱鞘内をうまく通り抜けることができず、症状が悪化すると指先が曲がらない、
伸びないなどの症状を起こします。

 

デケルバン氏病

手首に現れる症状です。

腕には、短母指伸筋腱と長母指外転筋という腱が、
第一伸筋腱区画というトンネル状の部分を通っています。

これらの腱は親指を伸ばしたり、曲げたりするときに使われます。
第一伸筋腱区画が炎症を起こし、腱鞘炎になることをデケルバン氏病といいます。

ばね指とデケルバン氏病は狭窄性腱鞘炎と呼ばれ、もっとも一般的な腱鞘炎の
症状ですが、発症する部位によって名前と症状が異なります。

 

これ以外にも、手首の小指側や肘などにも、腱鞘炎がおこりますが、
病名などはついていないことが多くあります。

手首や指先は、日常生活で最も使われる部位なので、腱鞘炎になると生活が大変不自由になります。
痛みを感じたら休息をとるなど、予防措置をとることをお勧めします。

 

腱鞘炎の症状を改善したいあなたへ

腱鞘炎 症状

詳細はこちをクリック!

タグ

2011年9月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:原因・症状

腱鞘炎の原因を私だけに教えて!

腱鞘炎の原因が知りたいあなたへ

腱鞘炎とは、関節を動かす筋肉の力を指先などの先端に伝達するひも状の神経(腱)と、
腱の浮き上がりを押さえる腱鞘というトンネル状の部分に炎症が起った状態のことをいいます。

 

腱鞘炎の原因と症状

腱鞘炎の症状として一般的なものには狭窄性腱鞘炎があり、
代表的な病名には、ばね指(弾発指)デケルバン(ドケルバンともいう)氏病があります。

腱鞘炎は至るところに現れるため、
同じ手にいくつもの腱鞘炎を抱えてしまうケースもあります。

 

一般的な原因としては、
使いすぎによる腱と腱鞘の間の機械的な摩擦による炎症とされています。

また、関節にリューマチを持つ人は腱鞘炎になりやすく、
出産後や更年期などの女性ホルモンのバランスが崩れた場合にもなりやすいと言われています。

腱鞘炎は筋力よりも大きな負担が長時間かかることで引き起こされます。
そのため、以下の方は腱鞘炎になりやすいとされています。

・楽器を長時間演奏している
・赤ちゃんを抱くことの多い母親
・ウェートレスなど、重いものを手だけで運ぶ仕事をしている方
・介護の仕事をしている方

特に女性は筋肉が少なく、力も弱いため、腱鞘炎になりやすい傾向にあります。

 

また、冷え性などの血行の悪い人や運動不足、姿勢の悪さからも腱鞘炎は引き起こされます。
痛みを感じたら、手を止めて休養をし、
ストレッチや体操などをしてコリや血行の滞留を促すようにすると良いでしょう。

 

腱鞘炎の原因を改善したいあなたへ

腱鞘炎 原因

詳細はこちをクリック!

タグ

2011年9月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:原因・症状

このページの先頭へ